子供が言うことを聞かない時の対処法【4歳~8歳に効果◎】

子供が言うことを聞かない PARENTING
子供が言うことを聞かない時にの対処法

息子が全く言うことを聞かなくて・・・

結局、毎日大きな声をだして怒鳴ってしまう。

学校では全く問題なく過ごしているようだけど、家では私たち親の言うことを聞いてくれない・・・
「食べ終わったお皿はシンクに運んでね。」「おもちゃを片付けて。」「もうすぐ出かけるから、早く着替えて。」

親である私たちの指示になかなか従ってくれない。
結局こちらが大声を出したり、怒ったり、けんかになったり。
時には子供が癇癪を起こして泣き騒いだり。

なんてことはありませんか?

我が家の8歳の息子は5歳の時にADHDと診断され、ワーキングメモリを鍛えたり、いろいろやったおかげなのか、単に年齢が上がり症状が和らいでいるのか、単に誤診だったのかは分かりませんが、小学校に上がったあとは学校では問題なく行動できています。
でも、やはり7歳までは、家では全くと言っていいほど、親の指示に従ってくれませんでした。

これは、ADHDだからなのかと思っていましたが、幼児時代はほとんど問題がなかった娘(当時4歳)も私たちの言うことは全然聞きませんでした。

最初にやってみたこと・・・とその結果

親として何ができるか、いろいろと考えて試した結果・・・
1. 論理的に諭してみた。「あと10分で出ないと学校に遅れちゃうよ。遅れたら困るから、今すぐ着替えてね。」→ 動かない。結局本当に動いてもらわないと遅れるので、こちらが怒り、子供達は泣き、グズグズで登校。

2. 脅してみた。「あと10秒でゲームをやめないと、取り上げるよ。10、9、8…」→ 動かず、ゲームを取り上げて大騒ぎになり、親子喧嘩に発展。

2. 交渉してみた。「あと3回やったら帰ろうね。」→終わっても、「あと3回」「まだ帰りたくない~!」と大泣きで結局引きずって帰るか、「ママは先に帰るよ。」と脅して泣きながらついてくる。

という結果で全て惨敗。

カウンセラーが教えてくれた怒鳴らずに子供に言うことを聞いてもらう方法

あまりにも毎日怒鳴ってばかりで、普通に言うだけでは全く言うことを聞いてくれないので、ADHDと診断された当時通っていた心理カウンセラーさんのアドバイスを、きちんと試してみることにしました。

カウンセラーのアドバイスは、指示を複雑にせず、短く簡単にすること。
そして、子供の目をきちんとみて、「○○くん、今すぐ着替えてね。」という。そして、子供から1~2メートル以上は離れないようにして10~15秒待つ
すぐには行動してくれなかったら、行動に移してくれるまで繰り返す。
あくまでも声を荒げたり、怒ったりせずに冷静に

最初にアドバイスを聞いた時は、そんな簡単に上手く行くわけない・・・と思っていました。

でも、説得も、交渉も、譲歩、脅しもあらゆる手段を使っても言うことを聞いてくれなかったので、試す以外にありませんでした。
結果・・・

もちろん、最初から言い聞かせてすぐになんて行動してくれませんでしたが、15秒待っている間に、こちらももう一度冷静さを取り戻し、「今すぐやってね」というメッセージを目をみて言うとやってくれるようになりました。

調べてみたら、研究でも、子供たちに少しだけ(7秒程度でもいいようですが)考える時間をあげることで、子供たちは自分の頭で理解し、納得し、行動に移してくれるようになるということが分かっているようです。

最近の我が家では、この方法で1回か2回言うだけでやってくれることがほとんどになり、怒鳴らないと動いてくれない、ということはだいぶ少なくなりました。

この方法を試す前は、子供たちが言うことを聞いてくれないと、つい最後には怒鳴ってしまったりして、よく後悔していました。
でも、親が怒ってばかりいることの子供への悪影響を考えると、本当にこのアドバイスを試してみて本当によかったと思います。

タイトルとURLをコピーしました