スマホの使いすぎがヤバイ!?子供の脳に与える影響とは?

スマホの使いすぎが子供に与える影響 PARENTING

子供がスマホばかりやってしまうのだけど、スマホの使いすぎって子供にどんな影響があるのかしら?

コロナ禍で休校になったり、部活動が中止になったり、以前のように外出ができないようになったことで、子供がスマホやタブレットを使う時間が増えていませんか?

我が家でも、子供が以前よりiPhoneやiPad等のタブレット、いわゆるモバイル機器を使う時間が増えてしまいました。

なかなか外にも連れていけないし、子供たちも外出したがらない。

結局スマホを朝から晩まで使っていて、子供たちに影響はないのか、心配ですよね。

そこで、スマートフォンやタブレットなどの使いすぎが子供の脳の発達などに及ぼす影響を調べてみました。

結論、スマホやタブレットなどの使いすぎは子供の脳の発達にかなり問題アリ!です。

そこで、この記事では、スマホやタブレットの使いすぎが子供に及ぼす悪影響をまとめました。

テレビよりもスマホがヤバイ理由

スマートフォンと子供

私達親世代が子供だったころ、大人は子供の「テレビの見すぎ」を懸念していました。

でも、テレビをたくさん見て育った私達は、それほど大きな問題にはなっていないですよね。

じゃあ、テレビと一緒で、スマホも大丈夫なの?というと、どうやら違うようです。

昔のテレビといえば、チャンネル数も限られていて、見たいテレビがそれほどたくさんあったわけではありません。一家に1台、あっても2台で、父親がニュースを見る時間は見れなかったり、面白い番組があまりなかったり。少しすると飽きて他のことをし始めたものです。

でも、スマホは違います。頭のいい優秀な技術者たちが、どうしたらより多くの時間を費やしてくれるか、ということを考えて色々なアプリを作っています。

YouTubeを開けば、自分の興味を引く動画が無限にあります。

つまり、スマホの中毒性は昔のテレビの比ではありません!

子供も大人もスマホにくぎづけになって何時間もの時間をスマホに費やしてしまっていますよね。

なんとなく、スマホやタブレットの使いすぎは良くないとはわかっているけど、実際にどんな影響があるのか、科学的な研究がされているのかを調べてみました。

スマホを使いすぎる子供は認知能力が低下している!

子供の脳の発達

9歳から10歳の1万人以上の子供を対象にした研究によると、MRIで子供たちの脳を見てみると、1日に7時間以上、スマホやタブレット、ゲームをしている子供は明らかに脳に違いが見られ、大脳皮質が薄いことが分かっています。

大脳皮質が薄くなることによる具体的な影響については、はっきりとした結論はまだ出ていません。

でも、スマホやタブレット、ゲームに2時間以上を費やす子供は、言語や思考などの認知テストのスコアが低くなったことが分かっています。

スマホで子供の睡眠時間が削られる ⇒ 脳の発達に悪影響

これは誰でも簡単に想像できることですが、スマホの見すぎは睡眠に悪影響があります。

テレビやパソコンと違い、スマホやタブレットは布団の中に持ち込んで眠くなるまで使うことができるので、つい眠るまでスマホを使ってしまうことが、大人も子供もあるかもしれません。

寝る直前までブルーライトを浴びていると、睡眠時間が短くなるだけでなく、眠りの質も悪化します。

当然ですが、脳の発達にも、記憶の整理にも、睡眠はとても重要です。

子供たちの睡眠が影響を受けることで、脳に影響がないはずがありません。

10代の子供では、鬱や不安障害を引き起こす

別のいくつかの研究では、スマホやタブレットなどのモバイル機器を使いすぎている10代の子供たちは、鬱や不安障害といったメンタルの問題を抱えやすいことが分かっています。

若い子供たちは、スマホを宿題や勉強、友達との交流など、生活のあらゆる場面で使用するため、「自分のためになるもの」と「中毒になって、やりすぎてしまっているもの」の区別がつきにくくなっています。

友達や家族との対面でのコミュニケーションよりもモバイル機器を使うことを優先してしまう場合は黄色信号です。

親のスマホ中毒が子供に影響する

また別の研究では、子供のスマホの使いすぎは、親のスマホ中毒と関係があることも分かっています。

スマホを長時間使う親の子供ほど、スマホを使う時間が長くなるのは、当然といえば当然ですよね。

でも、それを意識せずに、スマホを長い時間使っている親が多いのも事実。

この研究では、親と小さな子供たち(6ヶ月から5歳)を対象にしていますが、そんな小さな子供でも、親のスマホへの依存度が高いほど、子供からスマホを取り上げるのが難しいと回答しています。

スマホの使いすぎを解決する方法

スマホには色々な機能があって、有益なものも数多くあります。

なので、スマホを使うことが全般的に悪いとは言えません。

ただ、やはり1日に何時間も使用していて、家族や友達との対面でのコミュニケーションが減っていると、それは大きな問題になります。

そういった場合の解決方法として考えられるのは、2つ。

  • まずは、親である大人がスマホの利用時間を減らす。
  • その上で、子供とスマホを使える時間を「話し合い」で決める

このときに大事なのは、子供と一緒に考えること。スマホの使いすぎは、子供だけの問題ではなく、大人である私達にも耳が痛い問題です。

まず、スマホの使いすぎによる弊害を話し合って、どの程度の時間使いたいか、スマホを使わない時間をどのように使うかなどを決めて、書き留めるなどして、親も子供も一緒にスマホ時間を減らし、有意義な時間をすごせるようにしたいものです。

タイトルとURLをコピーしました