ワンオクTakaの英語をネイティブが評価|発音がうますぎる

ワンオクTakaの英語をネイティブがチェック KIDS ENGLISH

歌唱力が素晴らしい、ONE OK ROCK(ワンオク)のTakaさん。

新曲 Renegadesをはじめ、英語の歌をたくさん出しています。日本人が聞くと日本人が歌っているとは思えないほどですよね。

私も初めてワンオクの歌を聞いた時は、Takaさんがインターナショナルスクールに通っていたのか、海外で育ったのかと思っていましたが、森昌子さんと森進一さんの息子で日本生まれの日本育ちだったことに驚きました。

そんなTakaさんの英語の歌をネイティブに聞かせたらどう聞こえるのかを聞いてみました。

また、英語のインタビューについても聞いてみました。

まず、聞いてもらったのは、新曲Renegadesとカバーで歌っているヴァネッサ・カールトンの 「A Thousand Miles」。

どっちも聞きほれてしまう素敵な歌ですよね。A thousand Miles は、個人的にはヴァネッサ・カールトンのオリジナルバージョンより、Takaさんの歌声の方が好きです。

Takaの英語の歌の発音はネイティブが聞いても自然

まず、英語のネイティブスピーカーに、YouTubeで公開されている「Renegades」と 「A Thousand Miles」を聞いてもらいました。

ONE OK ROCK – Renegades Japanese Version [OFFICIAL MUSIC VIDEO]

最初の反応は、

日本人が歌ってるの!?!?

という反応。 Renegades は途中から日本語が入ったりするので、そこから日本人と分かりますが、どちらも最初聞いた感じでは、英語のネイティブが歌っているように聞こえるそう。

で、Renegadesのほうは英語の歌詞がないので、一つ一つの単語の発音が合っているかは確認できなかったのですが、A Thousand Milesのほうは英語の歌詞を見ながらもう一度聞いてもらいました。

ONE OK ROCK – A Thousand Miles (Lyrics)

Takaさんの歌声にぴったりの曲ですよね。
で、英語の方ですが、発音もほぼ完璧です。ただ、Walk【ウォーク】の発音が work【ワーク】に近い発音に聞こえるようです。
でもでも、英語ネイティブではなくて、ここまでほぼ完璧に英語の歌を歌えるのは本当にすごいです。

私が最初に聞いたのは、「Wherever You Are」という曲で、歌と声が素晴らしすぎて鳥肌が立ちました。

でも、英語の発音で言うと、promiseの発音の最後にスのUが入っていたるように聞こえました。
メロディー的にゆっくりとした歌なので、Promiseをゆっくり発音するとどうしてもそうなってしまうのかもしれませんが、それでも、今の英語の歌の方がずっと良くなっていると思います。

英語圏で育ったわけでもないのに、ここまでできるのは、耳がいいのと、相当努力されているのでしょう。

Takaのインタビューでの英語を評価

ここまで英語の歌がほぼ完璧に歌えるTakaさんの英語力、気になりますよね。
そこで、英語のインタビューを見て、英語を評価してもらいました。

インタビューでのTakaさんの英語レベルはネイティブレベルではありませんが、とても上手です。

まず、きちんとインタビュアーの質問を聞き取って英語で受け答えをしているところがすごい。

発音も文法も間違っているところは多少ありますが、ほぼ通じています。

何年も英語圏で生活している私よりずっと上手です。。。

海外で活躍したいという目的があったから、英語自体も勉強を続け、努力されているんだと思います。

やっぱり、目的があると英語力の伸びもまったく違いますね。

タイトルとURLをコピーしました