アナと雪の女王2|5歳と8歳子供の感想【映画レビュー】

Frozen 2子供たちの感想 KIDS ENGLISH

大人気上映中の『アナと雪の女王2』(Frozen 2)を子供たちと映画館で観て来ました。

2013年に公開されて大ブームを巻き起こした『アナと雪の女王』の第2弾とあって、映画館もいつもより混んでいました。

今年は、『ライオンキング』や『アラジン』『トイストーリー4』を見ましたが、そういった映画と比べても映画館には小さな子供たちが多い印象でした。
女の子はエルサのドレスを着て来ている子もちらほら。
私たちは5歳の女の子2人と8歳の男の子、大人3人で行きましたが、それぞれの感想をご紹介したいと思います。

男の子でも楽しめる!?アナと雪の女王2を見た子供たちの感想

息子が『アナと雪の女王』を初めてDVDで見たのは6歳の時。その時も男の子なのにどハマリして、常に「レリゴー!レリゴー!」と歌っていました。

8歳になった今、男の子でも楽しめるのか、いつも映画を見ると途中で飽きてしまう5歳の娘は最後まで楽しめるのか、少し心配しながら行ってきました。

結果、2人とも集中して最後まで楽しみました~!
息子は特に女の子の遊びやプリンセスが好きなわけではなく、普段は車やゲームが大好きなのですが、それでも『アナと雪の女王』は面白いようです。

他のディズニープリンセスの映画とは違い、エルサにはロマンス要素なし。強いヒロインなので、男の子でも抵抗なく見れるようです。

5歳の娘は怖がりで、実写版『ライオンキング』は怖がって途中で帰りたがっていましたが、今回は「ちょっと怖かった」「本当は少し泣きそうだった」と言っていましたが、最後までじっと見ていました。
面白かったのは、やっぱりオラフが出てくるシーンだったようです。

暗い洞窟の中に入ったりと怖いシーンもいくつかありますが、オラフがいることで怖さを和らげてくれます。

『アナと雪の女王2』何歳から楽しめる?

映画館には、まだ歩き出したばかり位の小さな子から10代(と言ってもローティーンかな?)の子供たちが大勢いました。

暗いシーンや、火が出るシーンなど、少し怖いシーンはありますが、4歳位からなら無理せず楽しめると思います。

特に前作を見ていて気に入っていたり、エルサやアナが好きだとそれだけで楽しめると思います。

ただ上映時間が1時間43分なので、トイレに立つ子は少なからずいたようです。
娘も1度トイレに行きましたが、少し見逃してもストーリーラインは分かり安いので問題なかったです。

『アナと雪の女王2』の大人の感想|オリジナルとの比較

今回は大人3人で見に行きましたが、1人は寝てました・・・
私自身は、ストーリーラインは緩急があって面白いのですが、最初の『アナと雪の女王』を見ていると、なんか先が読めてしまう…という部分もあって、オリジナルには勝てないかなぁという感想です。

感情が揺さぶられるような、その世界に入り込んでしまうような魅力はやっぱり前作の方が断然上だったと個人的には感じました。

もう1人は、クライマックスまでの持ち上げが長すぎる~と言っていました。

あとは、少し、話の流れが無理やり?どうしてそうなる???と不思議に思う部分も。

もちろん大人も時間を忘れて楽しめる映画なのですが、オリジナルのアナ雪が良かっただけに、期待値も高くて、それと比べてしまうとやはり見劣りします。

音楽も、「レット・イット・ゴー!~ありのままで」や「とびら開けて」はとてもキャッチーでしたよね。

一度見ただけで頭に残る名曲が多かったオリジナルに比べて、『アナと雪の女王2』の方は、特に印象に残った歌がありませんでした。
これから何度も耳にしたら変わるのかな?

アナと雪の女王2の英語は?

字幕なしで英語で見た感想は、かなり難しい。ミュージカル調で歌が多いので、歌の歌詞を聞き取るのに苦労しました。

オラフも少し聞き取りづらかったかな。

次は字幕で見てみたいと思います。

まとめ:『アナと雪の女王2』は小さな子供にもおすすめ

『アナと雪の女王2』は前作には及ばないけれど、子供たちには男女問わず大好評でした。
大人もあまり期待値を上げすぎずに観に行けば楽しめるはず。
親子で見るにはおススメの映画です。

タイトルとURLをコピーしました